MENU

知っている人は実践してる!美肌作りに欠かせない飲み物の常識!

美肌,飲み物

ペットボトルの飲料が登場し、手軽に持ち歩けるようになったからか、冷たい飲み物を年中飲む女性が多くなりました。
その代表的なものがミネラルウォーターでしょう。「水を一日2L(リットル)飲むとよい」との教えを信じて、毎日せっせと大きなペットボトル入り飲料水を消費している人は代表的な俗説でしょう。「ダイエット効果がある」「デトックス(解毒)効果がある」「血管がきれいになる」などといわれ、痩せたいと願っている人や健康を求める人が実践しているようです。

 

しかし、水分は、喉が乾いたら飲む程度で十分なのです。ところが、現代女性は水分を摂り過ぎる傾向にあります。喉が乾いていないのに、なかば義務感・強制感で飲んでいる人も多いようです。水を飲み過ぎると、胃腸が冷えたり、むくみを招いたりします。むくみと肌の代謝も悪くなり、美容に悪いので注意が必要となります。

 

実はカフェインは美肌の大敵!

美肌,飲み物

コーヒーや紅茶、日本茶などに多く含まれているカフェイン。カフェインは神経を興奮させ、また血管収縮作用もありますので、摂り過ぎは体にも肌にも悪いのです。日本人の多くはカフェインの摂取量に無頓着なようですが、カフェインを含むものは一日に2杯までに留めておくことをおすすめします。

 

また寝る前にカフェインをとると、睡眠にも影響が出るので、これだけは最低限避けるようにしましょう。またカフェインは様々なドリンクにも入っていることが多いので、気をつけましょう。

 

美肌,飲み物

アルコールのデメリットは?

現代人は様々なストレスを抱えています。ストレスの発散や付き合いも多く、アルコールを飲む機会も多いでしょう。アルコールを摂取しすぎると抗酸化作用に欠かせないビタミンCやビタミンEの働きを妨げます。また、アルコールを分解するために体内の水分が奪われるため、肌の乾燥やシワ、たるみを招きます。

 

季節を問わず温かい飲み物を習慣つけて冷え知らずのカラダに

美肌,飲み物

冷たい飲み物は体を冷やし、代謝を悪くさせます。普段からなるべく温かい飲み物を飲む習慣をつけておくと、美肌にもつながっていきます。美肌のためにもカフェインを含まない温かいハーブティーが一番おすすめです。朝は気分がスッキリするミント、日中はビタミンCをたっぷりと含んだローズヒップや免疫を高めるエキセアなどのハーブティーを選ぶと良いでしょう。
またお風呂あがりなど、火照ったカラダを鎮めたいときでも、なるべく常温のものを飲みましょう。冷たいものをがぶ飲みするのは避けましょう。夜は眠気を誘ってくれるカモミールティーがおすすめです。

 

その他にも、はと麦茶、クランベリージュース、白湯などもおすすめです。

 

このように便秘や胃炎といった内臓のトラブルは肌荒れにも繋がるので、肌のためを思うのであれば冷えた飲み物は極力控え、温めるか、常温で飲むように心がけましょう。

 

美肌,飲み物

しょうがのパワーで冷え知らず

カラダを温める食材として知られるしょうが。実は漢方薬にもよく使われるほど多彩な効果を発揮する素晴らしい食材なのです。漢方ではしょうがはカラダを温めて発汗させ、胃腸を整えて吐き気を止めるとされています。料理にもしょうがをなるべく使ったり、また紅茶やハーブティーに絞り汁をいれて飲むのもいいでしょう。冷えが気になるときや胃がムカムカするとき、風邪のひきはじめなどには、とくにおすすめです。


このページの先頭へ