MENU

美肌作りのキーワード「エストロゲン」を増やす方法とは?

美肌つくり,美顔器,

女性なら必ず耳にしたことのあるキーワード「エストロゲン」。
エストロゲンは女性ホルモンの一種で、女性の肌に大きな影響を与えるホルモンです。美しい肌をカラダの中から作り出すためにも肌とエストロゲンの関係について知っておきましょう。

 

エストロゲンが多いと肌はいつまでも若々しく美しい

エストロゲンは卵巣で作リ出される女性ホルモンですが、このエストロゲンと肌にまつわる興味深い実験をご紹介します。

 

美肌つくり,美顔器,

20人ほどの女性の年齢を見た目の印象のみで男性に予想してもらいます。

 

美肌つくり,美顔器,

実際の年齢よりも若い印象を持たれた女性の血液を調べたところ、エストロゲンの量が多いことがこの研究結果により発表されたのです。

 

つまり、エストロゲンが多いほど、若々しく見えるということが実証されたのです。

 

エストロゲンの作用

美肌つくり,美顔器,

エストロゲンには、肌老化を引き起こす活性酸素を取り除いたり、肌の弾力を保つコラーゲンを維持したりする作用があります。しかし、残念ながら25歳頃をピークとして分泌量が低下することがわかっています。
また、無理なダイエットや過度なストレスもエストロゲンを減少させます。加齢による減少はしょうがないことですが、生活習慣の乱れにより減少させるようなことは避けたいですね。
また、エストロゲンは薬などで摂取するのは大きなリスクをともなうので、婦人科治療等で必要な場合を覗いてはできないのが現状です。

 

美肌つくり,美顔器,

卵巣機能働きに合わせて変化する

エストロゲンは卵巣で分泌される妊娠・出産のためのホルモンです。図で示したように20代の頃にもっとも多く分泌され、25歳頃でピークになります。
そして、30代後半から徐々に減少傾向に入り始め、さらに更年期を迎えるころに急激に減少すると言われています。

 

プロゲステロンとは!?

プロゲステロンは、排卵直後から卵巣でつくられる女性ホルモンのひとつで黄体ホルモンとも呼ばれます。排卵する際に、成熟した卵子はそれまで入っていた卵胞という袋から飛び出します。排卵後に卵巣に残された卵胞が黄体化して内分泌組織が形成されてプロゲステロンが分泌されていきます。

 

黄体は排卵から2週間前後存在しているので、その間、つまり次の生理が始まるまでの間は分泌量が増え、主に受精卵が着床しやすいよう子宮内膜をやわらかくし、体温を上げる作用があるため「妊娠を助けるホルモン」ともいわれます。
主な作用として簡単に紹介すると

美肌つくり,美顔器,

基礎体温を上げる

 

美肌つくり,美顔器,

支給内膜を維持してくれる

 

美肌つくり,美顔器,

乳腺を発達させる

 

等がおおまかに挙げられます。

 

エストロゲンとの分泌量の入れ替わりがうまくできていなかったり、分泌量が多すぎたりすると感情が不安定になったり、肌荒れや便秘を引き起こすのもプロゲステロンの作用です。多ければいいというものではなく、エストロゲンとのバランスがとれているかどうかが大切です。

 

エストロゲンを増やす方法

25歳を過ぎて減少傾向に陥るエストロゲン分泌を正常に安定させ美肌つくりを維持するためには食環境、睡眠環境を改善し、血行促進を促す方法を考え極力ストレスのない生活習慣にしていくことが大切です。

 

・過度のダイエットは絶対NG!
・良好な恋愛関係
・良質な睡眠
・適度な運動
・余計な冷えは大敵

 

美肌つくり,美顔器,

過度のダイエットは絶対NG!

基本的にエストロゲンを増加させるような食事は穀物類などに多く含まれており、過剰な断食や我慢を重ねるダイエットを行うと肌がかさつき、髪が潤いをなくし痩せることはできても女性らしさが失われてしまいます。

 

美肌つくり,美顔器,

良好な恋愛関係

恋愛による高揚感や感動を感じることでエストロゲンの分泌が増加します。また擬似的な恋愛や音楽コンサート等の娯楽を行うことで、エストロゲンは増大します。

 

美肌つくり,美顔器,

良質な睡眠

睡眠不足が続くと正常な性腺刺激ホルモンの分泌が出来なくなり、エストロゲンが減少します。エストロゲン分泌には、良質な睡眠が欠かせません。またゴールデンタイム22:00〜2:00の良質な時間の睡眠はよりエストロゲンを分泌してくれるので意識しましょう。また良質な睡眠を促すためにも就寝前にはしっかりと目元の保湿をしましょう。

 

美肌つくり,美顔器,

 

美肌つくり,美顔器,

適度な運動

適度な運動で体温や代謝量を上げる事で、内蔵機能を促進します。また骨盤周りのストレッチをすることで血の流れを改善し、エストロゲンの分泌を助ける効果があります。

 

美肌つくり,美顔器,

余計な冷えは大敵

女性特有の冷え性、エストロゲン分泌とも深くかかわっています。
女性は男性よりも体温が0.3〜0.5℃ほど体温が低く冷え性になりやすいのです。身体が冷えると血の流が悪くなり、当然エストロゲンの分泌は悪くなります。冷え性の女性は極力冷えが出ないよう生活面で工夫をしていきましょう。

 

このようにエストロゲンは別名「美肌ホルモン」とも呼ばれるぐらい肌との密接な関係があります。、この作用で肌に張りと弾力がでて若々しい印象を持てます。また、体内に水分を蓄えるよう働きかけ、肌の潤いがアップし、血管拡張作用により肌色も良くなります。
また、抗酸化作用もありアンチエイジングもに効果的といいことずくめなのです。

 

敏感肌又は乾燥肌の手入れで念頭に置くべきは…。,

美肌になることが夢だと努力していることが、現実には逆効果だったということも無きにしも非ずです。やっぱり美肌目標達成は、基本を押さえることから始まるものなのです。

一般的に、シミはターンオーバーのせいで皮膚表面まで浮き上がってきて、その内なくなってしまうというのが流れなのですが、メラニン色素が大量に生成される状況になると、
皮膚に留まる形となりシミへと変貌してしまうのです。
思春期ど真ん中の中高生の時分には1個たりともできなかったニキビが、20代になってから出るようになったという人もいるそうです。なにはともあれ原因が存在するので、そ
れを明確にした上で、理に適った治療を実施してください。
ポピュラーな化粧品を用いても、刺激を感じるという敏感肌に対しましては、やはり刺激の少ないスキンケアが必須です。常日頃より実行しているケアも、負担の小さいケアに変
えるようご留意ください。
肌荒れを改善するためには、常日頃から適切な生活を実行することが肝要です。特に食生活を改めることで、体の内側から肌荒れを治癒し、美肌を作ることがベストだと断言しま
す。

大概が水であるボディソープではあるけれど、液体であるがために、保湿効果だけじゃなく、様々な効き目を見せる成分がいろいろと含有されているのが長所ではないでしょうか

肌の潤いが奪われてしまって毛穴が乾燥状態に陥ると、毛穴がトラブルを引き起こすきっかけとなると指摘されているので、秋から冬にかけては、丁寧な手入れが必要になってき
ます。
ニキビについては、ホルモンバランスの不安定が元凶だと言われていますが、睡眠が満足に取れていなかったり、ストレス過多だったり、食生活が悪かったりという状態でも発生
するものです。
敏感肌又は乾燥肌の手入れで念頭に置くべきは、「肌のバリア機能を改善して堅固にすること」だと思われます。バリア機能に対する手入れを一等最初に遂行するというのが、基
本線でしょう。
「日本人というと、お風呂好きが多いため、やたらと入浴し過ぎたり、お肌をゴシゴシしすぎたりして乾燥肌の症状が出てしまう人が想像以上に多い。」と公表している専門家も
いるのです。

現代の思春期の人達は、ストレスの解消法もわからないので、ニキビ治療用に開発された洗顔フォームや化粧水を使っているにもかかわらず、全く改善しないと言われるなら、ス
トレスを溜め込んでいることが原因でしょうね。
皮脂で毛穴が埋まるのがニキビの主因で、その皮脂を滋養分として、アクネ菌が増え続けることで、ニキビは炎症を引き起こし、悪化の道をたどるのです。
乾燥している肌につきましては、肌のバリア機能が落ち込んでいるため刺激に対する防御ができなくなり、肌の柔軟性がなくなったり、しわが生じやすい状態になっているのです

洗顔石鹸で顔を洗うと、普段は弱酸性とされている肌が、短時間だけアルカリ性になってしまうらしいです。洗顔石鹸で顔を洗った後ごわつくように感じるのは、肌がアルカリ性
に変わったからだと言えるのです。
バリア機能が働かないと、外側からの刺激のせいで、肌荒れが発生したり、その刺激より肌を保護するために、皮脂が大量に出るようになり、脂で一杯の状態になる人も多いと言
われます。

 


このページの先頭へ